面接対策をして、将来の可能性を探ろう

>

何故、企業は面接を行なうのか

学校生活では

面接対策のために、学生のときからやっておくべきことは、「大学生活を全うする」の一言に尽きます。

大学生は、人生の中で、時間的制約が緩く、自由な時間が沢山持てる数少ない時期です。
その為、大学生では、自分がやりたいことを存分に全うすることが出来ます。
それは、面接対策でも一番の近道と言えます。
面接では、よく学生生活のことを聞かれます。
面接を乗り切る為には、自分が大学生活で特に頑張ったことを一つや二つ言えるようにしなければなりません。
自己の軸を探すためにも沢山の経験をし、自分の糧にすることが重要です。

また、近年では、学校の成績を重視するところも増えているため、学校の成績を最低限獲得しておくと面接時に安心です。

インターンシップを活用する

自分が将来やりたいことを探すには、早い段階からのインターンシップが有効的です。
就職では、自分の十年後を想像し、自分の核を見つけ出す事が要求されます。

その核を見つけ出すために、自分の中で優先順位を決めておきましょう。
自分は、人生に於いて何を最も重視するのか、お金、やりがい、好きなことなど様々な可能性から、自分の中での優先順位を確立していきましょう。

インターンシップを選ぶ際には、業界や業種を限定せずに、比較的に短期のものを沢山こなすようにしましょう。
早い段階から、「試食」のような形であらゆる体験をしていくことで、自分の核が見つけ出せるようになり、自分は何をやりたいのかがわかるようになります。
また、業種や業界を問わないことで、自分に新たな発見があるかもしれません。

加えて、このような沢山の経験をすることにより、面接にも活かされると考えられます。


この記事をシェアする