面接対策をして、将来の可能性を探ろう

転職活動を成功させるなら面接対策をしよう!

  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

何故、企業は面接を行なうのか

日本の一般的な学生の就職活動は、おおよそ三年生の終わりから準備をしています。 では、就職活動をする前の段階は、何をすれば良いのでしょうか。 全てを就職のためと行動するのは、愚を極めた行いですが、学生時代の過ごし方で面接の質が変化することも確かです。 今回は、普段の意識という観点から面接対策を考えます。

学生時代は何をするべきか

就職活動をするに当たって、皆さんは、何故企業は書類選考だけではなく、面接をして人材を採用するのかを考えたことがあるでしょうか。
理由は様々ですが、殆どの企業は、面接をするに際には、何かしらの目的を持って学生と対峙しています。

日本の企業の多くは、まず第一にその人と一緒に働きたいかどうかを審査をしています。
その理由として、日本は習慣的に正社員をすぐにクビにすることが難しいため、どうしても長く働くことを前提としています。
それ故に、採用するときに吟味をするのです。
また、日本では古くから、各企業が、入社後に社員を育てる伝統があるというのも一つの理由です。
現在保有している能力以上に、入社後にスキルが伸びるであろう可能性を重視してるところも多いです。
所謂、ポテンシャル採用と呼ばれるもので、その採用をするためには面接が大きな価値判断基準になります。

企業側は、紙上の経歴や目に見える形での実績だけではなく、実際にその本人と話しをして、印象や性格、何を目的に生きているのかなどの情報を得ようと面接に重点を置いています。
また、実際に入社したときに、企業とその本人はしっかりと融和が出来るかも大きな焦点と言えます。

会社に依りますが、自分の経歴や能力を最大限アピールするよりも、何故その会社で働きたいのか、自分のスキルを活かしてどのように会社の役に立てるのかを話す時間をのばした方が良いかもしれません。

面接の意義をしっかり踏まえた上で、採用側の目線で物事を考えることが重要です。
それが、面接対策の第一歩とも言えます。

おすすめリンク

企業と自分を見つめ直す

面接対策をするには、面接の形式やよく聞かれる質問の答えを準備するなどといった技巧的な部分に重点が置かれがちです。 しかし、面接官とスムーズな会話をし、自分の考えを相手にわかってもらうには、相手と自分を深く知る必要があります。 自分と企業を深く知り、面接に有利に働かせましょう。

面接直前の対策方法

いくら事前に面接対策をしていても、いざ面接が近付いてくると不安が募ってくることも多いと思います。 また、直前は対策方法が限られると思っている人もいるかもしれません。 最後まで、気を抜かずに準備をすることが大切です。 面接直前で、何をすれば良いのかを纏めました。